過去の記事

  • 2019.12.11

    「創作和菓子講習会」を開催しました

    東京和菓子協会では、〝和菓子の啓発と業界活性化プロジェクト〟の一環として、「創作和菓子講習会」を11月13日に開催しました。
    この講習会は、和菓子店の売り場活性化や新たな需要創出をはかるためには、お祝い事や法事、または記念日などの際に、お客様の注文に応じて創作和菓子を製造できることが必要との考えから、初めての取り組みとして開催し、多くの会員が出席しました。
    尚、この創作和菓子講習会は今年から来年にかけて全4回にわたって開催の予定。

  • 2019.12.11

    小中学校を対象に「和菓子の出張授業」を実施(№5)

    東京和菓子協会では、〝和菓子の啓発と業界活性化プロジェクト〟の一環として都内の小中学校に呼びかけて、和菓子の歴史や文化性、創作性を知ってもらい、和菓子を製造する過程を見て、持参した和菓子を食べてもらう「和菓子の出張授業」を開催しています。
    11月には以下の5校で実施されました。
    ◎世田谷区立玉川中学校(出張講師:太田博文氏「世田谷区・やまと家」)

    ◎葛飾区立住吉小学校(出張講師:藤原政行氏「中央区・塩瀬総本家」)

    ◎文京区立本郷小学校(出張講師:小高正輝氏「豊島区・巣鴨榮太樓」)

    ◎足立区立足立入谷小学校(出張講師:國分常太氏「板橋区・泉屋」)

    ◎文京区立第一中学校(出張講師:森山一幸氏「港区・虎屋」)

    各学校で講師が、和菓子の歴史や文化について話をした後、製造実演で手際よく餡を包む様子や、ヘラなどで見る間に花や紅葉、サンタクロースなどの煉切が出来上がるたびに拍手や歓声が挙がるなど大変好評で、生徒の皆さんから質問や感謝の言葉などがたくさん聞かれ、先生方にも喜んで頂きました。

  • 2019.11.22

    「親子で楽しむ和菓子の集い」を開催しました

    11月10日(日曜日)新宿のルミネゼロにおいて「~大福くんと遊ぼう~ 親子で楽しむ和菓子の集い」を開催し、ご応募頂いた中から抽選で選ばれた208組653名の親子さんにお越し頂きました。
    このイベントは、小学生までのお子さんにもっと和菓子のことを知って頂きたいと、東京和菓子協会が実施している〝和菓子の啓発と業界活性化プロジェクト〟の一環として開催したものです。
    つきたてのお餅で作った大福を召し上がっていただくコーナー、和菓子の手づくり体験コーナーや和菓子のぬり絵コーナー、都内10店の様々な和菓子を楽しんで頂けるもぐもぐ和菓子コーナーなど、大盛況のイベントになりました。
    また、ソニーミュージックさんのキャラクター「大福くん」に応援頂いて、大福くんと写真を撮ろうコーナーなども用意して、楽しいひとときを過ごして頂きました。
    初めての企画でありましたが、参加頂いた多くの方々から「楽しかった」「美味しかった」「面白かった」と大変好評のご意見を頂けたイベントとなりました。
    参加下さいました皆様ありがとうございました。

  • 2019.11.21

    「和菓子を愉しむ集い」を開催しました

    東京和菓子協会では〝和菓子の啓発と業界活性化プロジェクト〟の一環として、一般のお客様に和菓子の魅力を知って頂くことを目的に、10月4日渋谷ヒカリエにおいて「知る・見る・味わう、和菓子を楽しむ集い」を開催しました。
    当日は、抽選で選ばれた400名のお客様にご来場いただきました。
    第1部前半では、「和菓子よもやま噺・和菓子の文化」と題した講演を、後半では和菓子の製造実演を解説を交えながらご覧いただきました。
    第2部は「和菓子でパーティー」と題し、和菓子店12店の自慢の和菓子をお楽しみ頂きました。

  • 2019.11.20

    食品衛生管理におけるHACCPの制度化について

    食品衛生法が改正され、事業者自らがHACCPの手法に基づいた「衛生管理計画」を作成して衛生管理を行うことが義務化されました。
    菓子の製造に従事する事業者がこれに対応できるように全国和菓子協会を含む菓子業界5団体が共同で手引書を作成しましたので、「衛生管理計画」の作成に役立てて下さい。

    「HACCPの考え方を取り入れた菓子製造業における衛生管理計画作成の手引書」の概要(PDF:201KB)

    HACCP手引書(PDF:1.7MB)

    ◆菓子製造業における衛生管理計画書式
    〔参考書式は、事業所の形態を以下の3種類に分けています〕

    製造・販売店舗一体型(Word:491KB)

    製造単独型(Word:480KB)

    販売店舗単独型(Word:472KB)

    ※パソコンからの閲覧を推奨致します。