過去の記事

  • 2019.11.20

    食品衛生管理におけるHACCPの制度化について

    食品衛生法が改正され、事業者自らがHACCPの手法に基づいた「衛生管理計画」を作成して衛生管理を行うことが義務化されました。
    菓子の製造に従事する事業者がこれに対応できるように全国和菓子協会を含む菓子業界5団体が共同で手引書を作成しましたので、「衛生管理計画」の作成に役立てて下さい。

    「HACCPの考え方を取り入れた菓子製造業における衛生管理計画作成の手引書」の概要(PDF:201KB)

    HACCP手引書(PDF:1.7MB)

    ◆菓子製造業における衛生管理計画書式
    〔参考書式は、事業所の形態を以下の3種類に分けています〕

    製造・販売店舗一体型(Word:491KB)

    製造単独型(Word:480KB)

    販売店舗単独型(Word:472KB)

    ※パソコンからの閲覧を推奨致します。

  • 2019.11.14

    お菓子クイズキャンペーン

    全日本菓子協会(全国和菓子協会ほか、お菓子の団体が加盟)では、本年も「心も体もお菓子で元気」をスローガンに、クイズに答えるだけでプレゼントが抽選で当たる「お菓子クイズキャンペーン」を開催しています。
    キャンペーンに参加している和菓子店やスーパーマーケットなどで配布している応募用紙、または、キャンペーンサイトから、ご応募下さい。

    【賞   品】
    お菓子詰め合わせセット(3,000円相当)  3,000名様

    【応募締切】
    2020年1月15日(水)[当日消印有効]

    クイズに答えて、どしどしご応募ください。
    正解者の中から抽選で、素敵な賞品が当たります。
    詳しくはこちらをご覧ください

    また、同時開催として、小・中学生を対象に「お菓子とわたし」作文コンテストを実施しています。
    お菓子を食べて元気になったことや楽しかったことなど、「お菓子とわたし」を作文にしてご応募ください。
    詳しくはこちらをご覧ください

    【応募締切】
    2020年1月15日(水)[当日消印有効]

  • 2019.11.07

    研修会を開催しました

    東京和菓子協会では〝和菓子の啓発と業界活性化プロジェクト〟の一環として、10月28日(月)、日本の伝統的食文化のひとつである和菓子の将来を支える和菓子店後継者の育成を目的とする研修会を開催しました。
    今回は、厳しい労働環境から働き方改革が大きな課題となっている昨今、その対策としての雇用管理、労務管理などについて、特定社会保険労務士を招いて分かりやすく解説して頂きました。

  • 2019.10.21

    「親子で楽しむ和菓子の集い」に多数のご応募をありがとうございました

    東京和菓子協会が実施している〝和菓子の啓発と業界活性化プロジェクト〟の一環として開催致します「~大福くんと遊ぼう~親子で楽しむ和菓子の集い」に多数の参加申込を頂き、誠にありがとうございました。
    10月15日(必着)までに募集定員を大幅に上回るご応募を頂きました。
    厳正な抽選を行った上で、ご応募頂いた皆様には返信ハガキを10月18日までにすべて発送し、結果をお知らせいたしました。
    多数のご応募をありがとうございました。

  • 2019.10.15

    小中学校を対象に「和菓子の出張授業」を実施(№4)

    東京和菓子協会では、〝和菓子の啓発と業界活性化プロジェクト〟の一環として都内の小中学校に呼びかけて、和菓子の歴史や文化性、創作性を知ってもらい、和菓子を製造する過程を見て、持参した和菓子を食べてもらう「和菓子の出張授業」を開催しています。
    9月には以下の2校で実施されました。
    ◎江東区立第三砂町小学校(出張講師:山崎朝治氏「江東区・亀家朝道」)

    ◎葛飾区立水元中学校(出張講師:江原 弘氏「墨田区・埼玉屋小梅」)

    各学校で講師が、和菓子の歴史や文化について話をした後、製造実演で手際よく餡を包む様子や、ヘラなどで見る間にハロウィンに因んだカボチャのお化けや、菊の花、藤の花などが出来上がるたびに拍手や歓声が上がるなど大変好評で、先生方にも喜んで頂きました。