過去の記事

  • 2019.07.26

    「和菓子出張授業」を開催しました(№3)

    東京和菓子協会では、〝和菓子の啓発と業界活性化プロジェクト〟の一環として都内の小中学校に呼びかけて、和菓子の歴史や文化性、創作性を知ってもらい、和菓子を製造する過程を見て、持参した和菓子を食べてもらう「和菓子の出張授業」を開催しています。
    7月には以下の2校で実施されました。
    ◎江戸川区立清新第一小学校(出張講師:井田裕二氏「中央区・菊廼舎本店」)

    ◎中央区立銀座中学校(出張講師:渡邉仁司氏「港区・新正堂」)

    各学校で講師が、手際よくはさみを使って菊の花びらを作ったりや華やかに開いた花火などを作る様子に歓声を挙げたり、「自分も作ってみたい」「和菓子をつくるのに一番大変なのはなんですか?」「おはぎとぼたもちの違いはなんですか?」等々、質問も活発に出るなど大変好評でした。