和菓子ものがたり 暮らしの中にある和菓子

和菓子の保存

和菓子をたくさん頂いて、一度に食べきれずに困ったという話を聞くことがあります。
和菓子をおいしく保存する方法があります。
和菓子はでんぷん系の材料を使ったものが多いので、基本的には冷蔵は苦手です。しかし冷凍は大丈夫なのです。
餅、大福、最中、カステラ、どら焼き、生菓子など、和菓子のほとんどは冷凍でも一定期間ならおいしさを保つことができます。
冷凍する時のポイントは、頂いたら、なるべく早く冷凍すること、食べる分量ずつ小分けにして冷凍用のビニールなどに包みましょう。崩れやすいものは、密封容器などに入れて冷凍するとよいでしょう。
冷凍したものは、常温で2〜3時間で解凍できますが、解凍後は品質の劣化が早く進むので、できるだけ早く食べましょう。いちど解凍したものを再冷凍するのは禁物です。
このような保存方法を覚えておけば、賞味期限までに食べなくてはなどと気にすることもなく、おいしい和菓子をいつでも楽しむことができます。ぜひお試しください。

ページの先頭へ

和菓子ものがたり